秘密鍵 zipファイルにパスをつけて保管する方法

DEX(コインチェック)事件を受けて、

「やばい!もっと通貨のセキュリティーについて考えないと!」

と思った人、多いですか?

取引所以外に通貨を保管する場所としては、各通貨のウォレットもしくは、ハードウェアウォレットがありますね。

ウォレットでの保管で重要となるのが秘密鍵

メモ帳にコピーしてデスクトップに保管

なんてことしている人、まさかいないですよね?でもたくさんいそうだな。と思ったので、セキュリティー的におすすめの秘密鍵の保管方法を書きたいと思います。

どうしてデスクトップがダメなのか?

デスクトップはオフラインだから大丈夫。そう思っていますか?

もし、あなたのPCがハッキングを受けた場合、ハッカーは自由にPC内を見ることができます。秘密鍵がデスクトップにあれば簡単にウォレットのお金を盗られます。

簡単な方法なので、すぐにセキュリティーの改善に取り組んでください。

秘密鍵を印刷して紙で保管

紙での保管であれば、ハッキングにあっても安心です。見に来ることができないので。

でも無くしちゃう。とか、火事で燃えちゃう。とか、知人に悪い人がいて見られちゃう。とかのリスクはあります。

Zipファイルに圧縮してパスをかける

メモ帳などに保管している場合、zipファイルに圧縮してパスをかける方法もあり。

windowsの場合

Lhaplusというソフトをインストールします。
URL:http://www.forest.impress.co.jp/library/software/lhaplus/

インストール後、zipファイルの上で右クリック。

zip(pass)という箇所がありますので、これを選択。

パスを入力します。完了。

Macの場合

ターミナルというアプリを使います。

Finderで「ターミナル」を検索。

アプリを起動
  1. zipcloak + 半角スペース + zipファイルをドラッグ&ドロップ
  2. returnを押す
  3. パスを入力
  4. returnを押す
  5. パスを入力
パスがかかったか確認

zipファイルを開いてみて、パスがちゃんとかかっているか確認してください。

パスを入力し、無事開くことができればOK。

セキュリティーは奥が深い

今回は秘密鍵について考えてみたのですが、どういう攻撃を受けるか?によってセキュリティーの穴はたくさん存在し、先手を打って対応しておかなければならないこと、たくさんありそうです。

自分の状態から検証記事をまた書いていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です