『副業』の探し方|どのくらい稼げるの?私の1年間の収支報告

【副業】フリーランス(個人事業主)とアルバイトの違いとは?

副業に挑戦してみたいけど、「個人事業契約です」って言われた。

一体どうすればいいの?

今回はこんな疑問を解決する記事を書いていきたいと思います。

2018年は副業元年と呼ばれ、副業をスタートする人、副業する人を募集する企業がグンと増えました。

欧米ではフリーランスとして働くことはとてもベーシックなことですが、日本ではまだまだ圧倒的に少数派です。

フリーランスとして損しないために知っておきたい知識をご紹介しますので少しの時間お付き合いください。

フリーランスとは?

フリーランスとは、会社に雇用されるのではなく、個人事業主となり業務委託契約を締結して仕事をすることを指します。

フリーランスの別名

フリーランスは様々な呼ばれ方をします。以下のものは全て同じ意味ですので覚えておいてください。

  • 業務委託契約
  • 個人事業主として契約
  • フリーランス契約

フリーランスのメリット

フリーランスになることのメリットは、

  • 働き方が自由
  • 努力次第で際限なく収入を得ることができる

フリーランスとアルバイトの違い

契約上の違い

フリーランスは個人事業主なので業務を委託されているだけであり、会社に雇用されているわけではありません。

雇用契約 ×

業務委託契約 ◯

業務委託の場合、基本的に会社は働き方を強いることができません。

◯時〜◯時まで〇〇(場所)でPCを開いて作業をしなさい

といった指示をしてはいけません。

◯日の◯時までに〇〇の成果を納品してください

という指示内容になります。

法律上では、契約上業務委託契約であったとしても、業務の指示内容が雇用契約にあたる場合雇用契約の実態を認められる傾向にあります。

雇用主によっては言葉をいいように使い、雇用の責任を逃れるために実態と契約の合わない業務委託契約を強いるケースもありますのでお気をつけください。

雇用保険には加入しない

通常アルバイトとして雇用契約を結んだ時、週20時間以上働く人場合、雇用保険への加入が義務付けられています。

先述したように、時間や場所の拘束をしないフリーランスには雇用保険の加入が適用されません。そもそも雇用されていないので適用されません。

ですので、雇用保険から支払われるサービス

  • 育児休業給付
  • 失業保険
  • 介護休業保険

などを受けることもできません。

労働基準法の適用外

フリーランスの場合、1日8時間週5日。という労働基準法の適用外となります。

ですので、体力が続いて、お金をたくさん稼ぎたければ1日20時間働いても問題ありません。

ただし、業務について報酬が支払われますので、必ずしも長い時間働けば儲けられるということではないと思います。

また、有給も付与されません。産育休もありません。

休めばお給料はゼロになり、保証はありません。

経費は自分持ち・経費計上はできる

仕事にかかる経費も基本的には自分持ちとなります。

  • 仕事で使った電話代
  • 交通費
  • 備品
  • PC代

などなどです。会社からの支給がある場合もありますが、仕事に必要なものは基本的に自分で購入、用意し、確定申告の際に経費として計上する必要があります。

詳しくは「<仮想通貨・確定申告>経費について調べてみました」をご覧ください。仮想通貨がベースになっていますが、基本的に考え方は同じです。

確定申告

アルバイトとして雇用されている場合、(会社員でもパートでも)税金は会社で勝手にお給料から天引きしてくれています。

フリーランスの場合は確定申告によって年間の税額を計算、支払いをしなければなりません。(年間20万円以上の収入があった場合)

詳しくは「<仮想通貨・確定申告>これだけ読めばなんとなく理解できる!」をご覧ください。仮想通貨がベースになっていますが、基本的に考え方は同じです。

業務委託契約を交わす際のチェック項目

業務委託を受ける際の契約内容のチェックはとても重要です。

  • 業務範囲
  • 納期
  • 報酬(内税?外税?)
  • 備品手配
  • 交通費

特に業務範囲についてはしっかりとチェックしておきましょう。

ざっくりと「チラシデザイン作ってください。」で受けてしまうと、後々、

「チラシのデザインを作りました。」

「イメージと全然違うからココとココとココとココとココとなおしてください。」

「最初から言ってよ(心の声)。仕方ない、わかりました。」

「できました!」

「やっぱりココについて上司が気に入らないみたいなんで、こうしてください」

「できました!」

「こういうデザインも入れたいんですけど追加してもらえますか?」

「え!?もう作業量多すぎて割りに合わないんだけど。」

となります。

備品や交通費支給はないことがほとんどですが、交渉次第で出してもらえるケースもありますので一度交渉してみるのもありだと思います。

確定申告について

確定申告はフリーランスで働く場合、最初に理解しなければならない大きな壁だと思います。

面倒な確定申告を少し楽にする方法をご紹介したいと思います。

詳しくは「フリーランスの開業準備|確定申告の知識準備、フリーランス向けサービスの紹介」でもご紹介しています。

会計ソフトを導入しよう

初心者向け・超簡単イチオシfreee会計ソフト

会計ソフトは様々ありますが、今回は私が使っているfreeeをご紹介します。

口座の連携、カードの連携をしておけばほぼ自動で経費の計算、収入の形状などしてくれます。請求書をfreee上で作成すればそのまま売掛金の計上までしてくれます。初心者でも扱える優れた会計ソフトです。

(会社員の場合、青色申告での確定申告は難しいと思われます。帳簿付けの必要もありません。)

保険に入りたい、保障が欲しい時



2019年に新しく誕生したサービスです。

  • 個人事業主の信用をフリーランスが評価保証
  • 請求書がたった時点で現金化ができる

などを、なんと無料でご利用いただけます。

フリーランスになるなら登録しておくべきサービスです。

詳しくはこちら

フリーランス協会

完全にひとりで運営するって不安もありますよね?

福利厚生もないし、有給もない。ハッキングにあって契約先から損害賠償を求められる可能性だって考えられます。

そんな時、フリーランス協会というあたらしい制度があります。

有給は難しいのですが、会社に勤めている時のように福利厚生を受けることができ、損害賠償にも加入できます。

契約先の会社にとっても安心できる材料です。年会費1万円は経費で落とすこともできるので、高くない買い物だと思いますよ。

フリーランス協会にについて、詳しくはこちら

会社員の副業の場合

事業所得としての申告(青色申告)は基本できません(リスクがあるのでおすすめできません)ので、会計ソフトを使った帳簿付けは必要ありません。

会社員が事業所得にならない理由は「<確定申告>仮想通貨取引は事業所得として認められるのか?」のなかで説明しています。

また、会社に副業についてバレたくない。という方は「【内緒の副業】会社にばれない確定申告〜仮想通貨、株、FX、副業」も合わせてチェックしてください。

責任は重いが、自由

フリーランスについて、理解を深めていただくことはできましたでしょうか?

フリーランスには自由がありますが、税金周り、契約など全て自分自身で責任を負って対応しなければならないという大変さもあります。

副業には雇用契約を結ぶものもありますが、業務委託契約のものも多いです。

個人事業主としてお金を稼ぐ際にはお金の知識もしっかりと持っておくことが勝ち抜くポイントです。ぜひ何度か読み返していただき、理解を深めてください。

4 Comments

現在コメントは受け付けておりません。