フリーランスの開業準備

ブログ運営をしていく中でだんだんと収入が増えてきたとしましょう。

もしくは業務委託の報酬をもらうことになり、安定した月収をもらえるとしましょう。

その時、あなたは会社に属していないため、フリーランス(個人事業主)となります。

自由に働ける反面、自分で税金のこと、経費のこと、管理する必要が出てきます。

今回は、ママが開業することになった時どんな手続きが必要になるのか?私の経験をもとに書いてみたいと思います。

完全個人事業|年収130万円以上の収入が見込まれる時

年収130万円を超えると、国民健康保険へ自分で加入する必要が出てきます。扶養には段階的に基準がありますが、フリーランスのママにとっては年収130万円が一番注目の基準です。

国民健康保険に加入しよう

ご自身で国民健康保険に加入しましょう。自治体のお役所で手続きが可能です。

開業届を提出しよう

事業所を管轄する税務署で開業届を提出しましょう。

難しい書類ではなく、1枚に住所、事業所住所、名前、屋号、事業内容、開業日などを記載するだけです。印鑑だけお忘れなくお持ちください。

青色申告申請書を提出しよう

事業所を管轄する税務署で提出しましょう。

青色申告申請書は年度末の確定申告を青色申告で提出しますよ。という申告書です。

青色申告で確定申告を申請すると青色控除という控除を受けることができます。断然お得なので、帳簿作りなどちょっとだけめんどくさいですが、青色申告で申請した方が良いです。

開業から2ヶ月以内に提出しなければならないものなので、開業届と一緒に提出されることをおすすめします。

会計ソフトを導入しよう

会計ソフトは様々ありますが、今回は私が使っているfreeeをご紹介します。

口座の連携、カードの連携をしておけばほぼ自動で経費の計算、収入の形状などしてくれます。請求書をfreee上で作成すればそのまま売掛金の計上までしてくれます。初心者でも扱える優れた会計ソフトです。

福利厚生を受けたい・保険に入りたい時

フリーランス協会

完全にひとりで運営するって不安もありますよね?

福利厚生もないし、有給もない。ハッキングにあって契約先から損害賠償を求められる可能性だって考えられます。

そんな時、フリーランス協会というあたらしい制度があります。

有給は難しいのですが、会社に勤めている時のように福利厚生を受けることができ、損害賠償にも加入できます。

契約先の会社にとっても安心できる材料です。年会費1万円は経費で落とすこともできるので、高くない買い物だと思いますよ。

扶養内で働く

面倒な手続きはやりたくない。

ということであれば扶養内で働くという選択もあります。

被保険者と三親等以内で、年収が130万円未満、かつ被保険者の年収の約2分の1未満が条件です。

会社員の副業の場合

事前に特別な手続きの必要はありません。

20万円以上の副収入がある場合、年度末に確定申告の対応が必要です。事業所得としての申告はできないと思いますので、帳簿付けは必要ありません。

これも勉強

色々あって難しそうと感じるかもしれませんが、この手続きを行うことで世の中のお金の仕組みをちょっと理解できたような気がしています。

なんでも会社でやってくれるぬくぬくも居心地が良くて良いですが、お金を稼ぐのであればお金の知識は持っていた方が良いと思いますよ。

これも勉強と思って頑張ってみてください。では。