【内緒の副業】会社にばれない確定申告〜仮想通貨、株、FX、副業

最近、副業をOKとする会社も増えてきているようですが、まだまだ少数派ではないでしょうか?

仮想通貨で利益を得ているみなさんは、当然確定申告することになると思いますが、その収益が会社にばれてしまわないか?不安ではないですか?

副業規定にひっかかり、退職。

という最悪のパターンも過去にはあるそうなので、充分な知識をもって納税をするべきですね。

バレてしまった人は、どこからバレたの?税務署から会社へ連絡がいくの?

税務署から会社へ電話連絡が行くことはないと考えていいでしょう。

では、なぜバレるのか?

所得税からはバレない

仮想通貨の確定申告で支払う税金は、所得税と住民税です。(中には贈与税がある方もいるかも。贈与税は所得税と同じと考えてOKです。)

(所得税の納付は、現金、金融機関からの自動引き落とし、もしくはe-Taxでの支払いの3種類となり、会社を経由することはありません。

住民税からバレる

住民税は住んでいる地域のお役所での管轄となり、支払い方法が所得税とは異なります。

普通徴収、特別徴収の違い

通常、会社員の方は会社の給与から住民税が天引きされていると思います。これが特別徴収。

役所から納付書が届き、自分で支払いをする。これが普通徴収です。

副業で得た収益分の住民税を普通徴収で納付することはできるのか?

会社の特別徴収はそのままに。副業分だけ自分で支払いたい。

これはできます。

バレない確定申告の方法

会社にバレないようにするために、忘れずにチェックしておくべき箇所があります。

確定申告書類を提出する際に、必ず覚えておいてください。

(今回は仮想通貨の収益を雑所得で申告する場合で考えています)

確定申告所A 第2表 住民税に関する事項

赤で囲んだ部分を確認してください。

給与から天引き → 会社にバレる(可能性がある)

自分で納付 → 会社にバレない

これだけでは不十分 チェックしたにも関わらず、会社での天引きとされてしまったケースが実際にある

実は、これだけでは不十分。可能性は低いとは思いますが、お役所での確認漏れがあり、会社へ書類が送られてしまった。というケースが実際にあるそうです。

そこで、私の住む役所へどうすれば良いか電話で聞いてみました。

「確定申告書を提出したのち、役所で再度確認をしてください」

もちろん、確定申告書類は「自分で納付」に必ずチェックを。

その上で、役所へ出向き、「心配だから確認したい」との旨を伝え、担当者と一緒に確認する。

という手続きができるそう。

絶対にバレたらまずい!心配だ!という方は、お手数ですが、お役所まで足をお運びください。

5月には納付書の送付がされてしまうので、4月中に確認に行く必要がありそうです。

東京都民に朗報!平成29年度からの特別徴収を徹底は関係ない!

今回、moyashiさんからの忠告ツイートをみてこの件を調べてみたわけですが、リンクにあった

東京都 平成29年度からの特別徴収を徹底

について、確定申告分の住民税に関しては関係のない話でした。

上記リンク資料の意味は、

事業所でまだ特別徴収を実施せず、従業員に個人で支払いを行わせているものについて、29年度から徹底しますよ。ということ。

私の在籍している派遣会社も普通徴収で納税させているので、そういう事業所が勧告をうけていくのだと思います。

住民税について確認しなおすいいきっかけでしたね

いかがでしたでしょうか?

moyashiさんのツイートで、住民税について、改めてきちんと調べることができて有意義な情報が得られました。

税金について、法律について、つくづく、知っている人が勝ちだな、と感じています。

自分の生活やお金に関することなので、必要な情報にはアンテナを持っておくことが必要ですね。

4 Comments

zaitakuwork

個人事業主で青色申告の場合も同様だそうです。
申告書にきちんと記載すれば普通徴収できます。
ただし、会社員で青色申告は提出はできますが、殆どの場合、事業規模が事業所得だと認められないと確認しています。
後々修正を求められる可能性が高いので注意してください。

けーすけ

青色申告の予定ですが、雑所得として分類しておいた方が無難だということですね。ありがとうございました。私も先週に税務署(名古屋市)に行ってきましたが、事業所得となるかは事例が少なすぎて判断できない、といったような感じでした。

普通徴収できるのですね、大変助かりました。
これからもこちらのブログを拝見させていただきますね。

現在コメントは受け付けておりません。