ライター超初心者のための説明書〜クラウドワークスで仕事を探そう

  • 初めてクラウドワークスに登録してみた
  • これから登録するんだけど、ライターって難しいのかな?
  • 初心者歓迎に応募してみたいけど、ちょっと不安
  • 依頼案件がたくさんありすぎてどれを選んでいいのかわからない!
  • 長く付き合えるクライアントさんの見分け方ってないのかな?

在宅でのお仕事に魅力を感じ、クラウドワークスに登録された方で、ライターをやってみようかな。と目指す方は多いかと思います。

やる気と、時間があれば、ライターは初心者でも受けることができる仕事です。

在宅ワークならクラウドワークス

そんな初心者様の不安に答える記事を書こうと思います。

おつきあいよろしくお願いします!

自分の得意な分野について考えてみよう

色々なテーマのライティング案件がありますよね?

どのテーマで応募するかは決まりましたか?

初心者、案件選びのチェックポイント①好きなこと、興味がある分野を選ぶ

②経験してきたスキルを活かせる分野を選ぶ

興味がないテーマだと、どうしても書く手が止まってしまいます。調べる意欲もわきません。

これまでの職種、取得した資格、経験したことは調べものに割く時間を短縮することができます。

どちらもクリアした分野を見つけられるのが一番ですが、どちらか迷った場合は②を優先することをオススメします。

仕事経験じゃなくてもOK

子供を育てた、育てている

家庭菜園が得意

料理が好き

ペットを飼っている

FXトレードをしたことがある

仮想通貨を持っている

経験したスキルは、仕事でなくても構いません。自分にも書けそうなものを依頼案件の中から探してみましょう。

資格がある方は値段交渉をしよう

資格、特に国家資格をお持ちの方。

今、インターネット情報も嘘を書いてはいけない。根拠のはっきりしないことを書いてはいけない。と厳しく取り締まられています。

監修というお仕事もあるくらい、資格者を欲しています。

自分のスキルが生かせるテーマであれば、資格を武器に値段交渉しても良いと思いますよ!

対応範囲を確認しよう!

一言でライターと言っても、どこまでを求められるのか?は案件によって本当に様々です。

ここはちゃんと確認した方がいいところです。

初心者、案件選びのチェックポイント①文字単価0.5円以上であること

②文字数は2500文字以下であること

③構成は提示してもらえること

文字数

文字数は500文字程度の依頼から6000文字というツワモノまで様々あります。

1記事短歌÷文字数=文字単価

を必ず確認しましょう。

文字単価は0.5円以上がオススメです。

そして、文字数は2500文字以下の案件を選びましょう。

1つのテーマに対して、3000文字以上を求められる案件もあり、記事単価はその分高くなりますが、書くことに慣れていない方が1記事で3000文字以上書くのはかなりしんどいと思います。

執筆のみなのか?構成も必要なのか?

記事を書く為には、骨組みを作る作業も必要です。

案件によって、骨組みは全てクライアントが担当してくれる場合もあれば、テーマ決めから任されてしまう場合もあります。

⑴テーマは〇〇に関することで、お好きに設定していただいて大丈夫です。と書かれている場合

どんな読者に向けてどんな記事を書こうか?

というところから自分で設定しなければならない案件です。

⑵テーマをお伝えします。の場合

テーマだけはクライアントが考えてくれる。ということです。

例えばこの記事であれば、クライアントからの指示は

「ライターとして初めてクラウドワークスで仕事したい人に向けた記事」を書いてください。

となります。

この記事を読む方が何に悩み、それを解決するために、どういうストーリーで、どんな内容の記事を書けばいいのか。

は、自分で構成しなければいけない案件となります。

⑶タイトル、構成、見出しは当方で決めますの場合

担当するのは中身の文章のみです。

記事タイトルと、見出し部分をクライアントが考えてくれます。

ライター超初心者のための説明書〜クラウドワークスで仕事を探そう

【見出し】自分の得意な分野について考えてみよう

<小見出し>仕事経験じゃなくてもOK

<小見出し>資格がある人は値段交渉をしよう

 

【見出し】対応範囲を確認しよう

<小見出し>文字数

<小見出し>執筆のみなのか?構成も必要なのか?

<小見出し>画像の選定、編集も必要なのか?

 

【見出し】テストライティングに合格するためのノウハウ

 

※見出しに沿ったコメントを作成してください。

ここまでをクライアントが支持してくれます。

ライターさんは内容を書くのみ!

超初心者の方には、⑶がオススメです!

しかし、決められた内容しか書くことができない。というデメリットもありますので覚えておいてください。

MEMO

クライアントの設定してくる見出しを見て、どんな記事が好まれるのか、どんな記事を書くと喜ばれるのかを勉強しましょう!

構成から対応することができるようになると、文字単価が上がったり、時給案件(ディレクター)に応募することもできるようになりますよ!

画像の選定、編集も必要なのか?

記事を気持ちよく読んでもらう為、わかりやすくする為に記事内には画像をよく用います。

この画像の選定を任される場合があります。

そして画像のサイズ調整も依頼される場合があります。

こちらも、後々覚えていただいた方が良いと思いますが、初心者であれば、やらなくて済むならやらない方が良いでしょう。

在宅ワークならクラウドワークス

テストライティングに合格するためのノウハウ

ほとんどの募集で採用テストがあります

いきなりテストって言われても、どう書いていいのか難しいですよね?

テストライティング対策については後日配信予定です!

ツイッターで配信しますので、フォロー!よろしくお願いします。