2018年はコインの性能が評価されていくであろう・・・ということは、買うべきコインはこれだ

2017年、大きな躍進を遂げたビットコインですが、年末から2018年にかけ、伸び悩みが続いていますね。

ではなぜここまでの王者が伸び悩んでいるのか?これから仮想通貨の資金力のバランスはどうなっていくのか?

私の勝手な予想を書いてみたいと思います。

性能の良いコインが買われる 使われるコインが買われる

そもそも仮想通貨とは、使用されることを目的に作られています。今は完全に投機に傾いていますが、法定通貨では叶わなかったことを叶えることができる。大きな可能性を秘めている通貨です。

2017年はコインの内容の問題ではなく、コインの発行枚数(希少価値)や名前が知られていることが価格を決める重要な点だったように思います。

しかし、たくさんの人がビットコインを手にした今、ビットコインの使い勝手に利用者が気づき始めた。のではないでしょうか?

ビットコインの問題点

  • 送金に時間がかかりすぎる
  • 送金手数料が高い

使い勝手悪いな!

今、ビットコインの使い道といえば、

  • 何か商品を購入する
  • 他の通貨を買う

くらいでしょうか?

多くの人がそれをやってみようとする時、送金という局面にぶつかります。

でも、ビットコインで送金すると、時間はかかるし、お金はかかるし、いいことない。だから、別の通貨に両替して送金する。

じゃあ、ビットコインじゃないほうがいいじゃん!

今、ここなんじゃないかな??

 

ビットコインが暴落しない訳

しかし、

伸び悩みはしているものの、暴落はしない。

なぜ王者ビットコがこんなに強いのか?それは、ビットコ建ての取引所がほとんどだから。

 

2018年はイーサリアム、ビットコインキャッシュなど、ビットコ建て以外で取引ができる場所が増えるんじゃない?

だから、イーサリアム、ビットコインキャッシュは伸びるんじゃない?

ドージとかも伸びるんじゃない?

イーサリアム

ビットコインに継ぐ市場を持つ、有名な通貨。

2018年1月10日現在 17万7千円

今後6段階のステップアップを予定しており、最近トランザクション詰まりが起こったと言われていますが、さらに性能の良い通貨を目指せる予定。

イーサリアムはすでにイーサ建てで交換できる通貨があります。イーサ建てを取り扱っている取引所も多い。これから広まっていくには可能性が一番高い通貨。

つまり、今が買い時。

ビットコインキャッシュ

2017年8月1日に誕生したビットコインのハードフォークコイン。

2018年1月10日現在 32万3千円

12月末に一時50万円にタッチした。

中国最大の取引所OKeXでビットコインキャッシュ建ての取引が開始されており、注目をあびている。

つまり、今が買い時。

ドージコイン

xpなどの草コインを購入するために必要。

米国のモナコインのようなもの。

草コインも2018年、躍進が期待されるため、ドージ建てでしか購入できない通貨を書いたい人が、ドージを購入し、価格上昇するのではと期待している。

つまり、今が買い時。

草コインも熱い!

ビットコインに変わる主軸通貨になり得るコイン。2018年期待したい通貨は上記になりますが、草コインは宝の山。と考えています。

草コインは後発コインなので、今後伸びていくのか?なくなってしまうのか?

購入するのは難しいコインです。

投資しても、0円となってしまう可能性は、大いにあります。もちろん、有名通貨も可能性はありますが、草コインよりは安心できるでしょう。

ただし、後発コインということは、

技術は過去のコインよりも優れている

可能性が高い。

なので、性能を見極め、仮想通貨だから叶えられる未来を叶えるのではないか?

という期待を寄せられるコインをみつけ、保有しておくことは良い選択だといえると思います。

 

 

さて、私の見解があっているのか?あっていないのか?

2018年末、仮想通貨はどのような展開を迎えているのか?楽しみですね。

また時間のある時に、期待できる草コインの紹介もしたいと思っています。では。