はじめて仮想通貨をもった人へ 上がっている時に買ってはいけない

出川氏のコインチェックCMが流れた事で、多くの人に仮想通貨が知られる事になりました。2017年の12月は新規参入者も多く、たくさんの資金が仮想通貨に流入しましたね。

12月は数々の暴騰もありましたが、数々の暴落もありました。拾うところを間違えると、こんなに上がり調子の相場でも負けがこんでくるものです。

新規さん達、元本割れはしていませんか?

含み損を抱えてしまい、もだえている方々に私からささやかなアドバイス。

買うと下がる。売ると上がる。そんな負のスパイラルに陥った際にはこちらの記事を読み返して、一息ついて、再度買い時を見極めてみてください。

上がったら買う、下がったら売る は絶対にダメ

上がっている時に売る。下がっている時に買う。

頂点で売り、底辺で買いたい!みんなそう考えると思いますが、実際にそれができるのは稀です。

トレードするのであれば、損をしない時に売り買いし、機会損失を損だと考えない事が大事です。

上がっても下がっても、返ってくる

買おうかどうか迷っていた銘柄が上がっていってしまうと、焦って買いたくなってしまうものです。

しかし、大抵は気づいた時には頂点。頂点で買ってはいけないのです。

よくあるチャートの動きとしては、上がったら半値返し。下がったら半値返し。一度返ってくるのを待って、動くのが良いでしょう。

チャートの横のラインに注目

どこまであがるのか?どこまで下がるのか?予想するのはとても難しいですよね?

チャートをよくみてみると、横のラインで上げ下げの基準点となっているラインが見つかると思います。

一段進んだところで止まる可能性が高いので、注視していくと良いでしょう。抜けてしまうと次のポイントまで進むので、ストップリミットなどを上手に使うと損を少なくできると思いますよ。

資金の30%を常に現金で持っておく

取引所へ預けたお金をすべて通貨に変えてしまう人がほとんどだと思いますが、思いがけない暴落を見た時、買える通貨をもっていないのはもったいないです。

買い時ー!お金なーい!

というパターンをなんども経験し、現在私は30%はUSDTにして持っているようにしています。

絶対買い時!という時を逃さないように。もしよければ試してみてください。

1月2日も終わり

1月4日にはお仕事がスタートする人も多いでしょうか?

明日、明後日には仮想通貨界隈もすこしずつ活気を取り戻してくるような気がしています。

利確売りの暴落は今年はありませんでしたね。でも積極的な買いも見られず、まだ横横相場が続いています。

  • ビットコインドミナンスが36%に
  • 1月好材料有り通貨はLISK、XRP、NEMかな?
  • REPはリップルと間違われている

この辺を念頭において、買っていきたいと思っています。では、おやすみなさい。また時間がある時更新します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です