ブロックチェーンって?ブロックチェーン技術を使えば政治も大きく変わる?

仮想通貨の投機としての市場が冷え込んでいますね。

動きがないと暇なので、「じゃあ、投機目的から離れたとき、ブロックチェーンって何ができるんだろう?」

について、考えてみました。

そしたら、ブロックチェーンってすごくて、ブロックチェーンって無限の可能性があることに気づいたんです!(まじで遅い・・・)

今回は、超思いつきの、政治も変えちゃうんじゃない?をテーマに書いてみたいと思います。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、分断型台帳技術のこと。

インターネット上の情報を正しく、不正なく、早く処理するための新しい技術です。

ある一定量の情報を書き込んである台帳がチェーンで連なっているイメージから、ブロックチェーンと呼ばれています。

ブロックの連なるこの台帳は情報の処理がスタートしたところから現在まで途切れることなくチェーンで繋がれた長〜い台帳となり、すべて公開された状態で、誰しもがどこまでも遡って閲覧することができます。

非中央集権での管理

ブロックチェーンには特定の管理者はいません。

世界中の利用者が情報を処理し、世界中の利用者が見張り、世界中の利用者が支えています。

例えば中央集権である銀行で考えた時、ある銀行のネットバンキングがハッキングを受けたら、その銀行に預けてあるお金はその時点から一切引き出しができなくなるでしょう。

しかし、非中央集権であれば、あるPCがダウンしても、たくさんの管理者で支えているので情報の処理がストップすることはありません。

情報処理を手伝う人のことをマイナーと呼びます。情報処理を手伝う労力への報酬として仮想通貨を受け取っています。

不正が起こり得ない技術

一つ前の台帳のハッシュ値を最新の台帳に記載。

一つ前の台帳が正しいことを最新の台帳で確認します。不正が発覚すれば、51パーセントのノードで使用されている台帳を正とし、チェーンのつながりを修正します。

ネット上の安全性が確認されないと・・・がすべて実現可能に!?

ネット投票での選挙が可能に

毎回、選挙があるときに私が感じること。

「めんどくさいからネット投票にしてよ」

これ、みんな思いません?

ネックとなっているのは不正が起こり得る仕組みではできない。というところ。

ブロックチェーンがこれを解決します。

政務活動費などの透明性確保が実現できる

政治資金について、いま様々なところで話題になっていますよね?

特に地方市議会議員のニュースは度々話題になっています。

政務活動費の支給を仮想通貨で行えば、すべての送金情報を簡単に公にし、不正使用を防ぐことができます。

公文書改ざんも防ぐことができる

森友問題の公文書改ざんはブロックチェーン技術で防げる

早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問の野口悠紀雄さんが政治問題をブロックチェーンが解決する。という記事を書いています。

文書がどこかで改ざんされる。これから追求を受けることと思いますが、なんとなくあやふやに責任を押し付けあって終わるのかなー。と私は思っています。

しかし、ブロックチェーン上で改ざんが起これば誰がいつどうやってどこを改ざんしたかはすべて公表。だれでも見ることができる状態となります。

だから、改ざんは起こらない。

政治にこそブロックチェーンを活用するべき!

もう、「ネット上は安全性が確認できないから・・・」という言い訳を使うことはできない時代になりました。

政治離れは若者の政治への無関心なんて、私はそんなことないと思っています。

政治離れは政治が今の世に置いてかれているから。

仮想通貨の規制なんて、本当はもう去年中に解決済みじゃないと遅い。

今年は政治こそ、ブロックチェーンを率先して活用。先進国として世界をひっぱっていくくらいの力量をみせてもらいたいものです。

1 Comment

ゆっこ

こんばんは
ブロブランキングから来ました。

仮想通貨の情報の中でブロックチェーンが出てきて何となくはわかっているつもりでしたが、仮想通貨だけでなくブロックチェーンを活用できることがよく理解できました。良い情報をありがとうございます。
また訪問させて頂きます。

現在コメントは受け付けておりません。