WEBライターとは?子供の寝ている間にできる在宅ワーク

今日は少し仮想通貨から離れて、WEBライターについての記事を書いてみようと思います。

赤ちゃんも成長するにつれてお昼寝の時間もまとまり、ママの時間をもてるようになってきます。

そんな時、テレビをみて楽しむのも、ネットサーフィンをするのもいいと思いますが、

ちゃちゃっとお金を稼ぐ💰

こともできちゃうって知ってましたか?

WEBライターとは?

WEBライターとは、インターネットに掲載されている様々な記事を執筆するライターの総称です。

政治経済ニュースを書く事もあれば、テレビドラマの感想を書くこともあります。

まさに私が買いているこの記事もWEBライターの仕事です。

どうしてお金になるの?

WEBライターとして記事を書いてお金をもらうには、2通りの方法があります。

どちらも良い点、悪い点がありますので、自分の今の技術やライフスタイルに合わせて選ぶといいと思います。

自分のサイトを開設

1つめは、自分でサイトを開設。サイトに広告を貼り付けて、読者にクリックから購入に至るまでのプロセスを進んでもらい、成果報酬をGETする方法。

自分でサイトを開設するというハードルの高さはありますが、継続して良い記事を生産する事ができれば、リターンは大きいと言えると思います。

ただし、大きな利益を得る事ができている人は一握り。という現実もあります。

メリット

  • 上限なくリターンを増やす事ができる
  • 良い記事を書けば長いスパンでお金が手に入る
  • 自分でやってみることで新しいスキルも一緒にGETできる
  • 自分の書きたい事が書ける

デメリット

  • サイト開設には知識・勉強・努力が必要
  • 初期費用がかかる(無料ブログでできることもあります)
  • 報酬を得るまでに時間がかかる
  • 一生懸命書いても1円にもならないことがある
  • 成果を得られないまま諦める人が多いのも現実

依頼を受けて記事を書く

2つめは、WEBライターとして誰かのサイトへ掲載する記事を書く。記事を書いたことの対価として報酬をGETする方法。

はじめるのは簡単。記事の書き方やテーマの設定の仕方など、何もわからない状態からのスタートでもいろいろと教えてもらえます。

サイト開設前の勉強として、お仕事を受けてみるのもいいかもしれません。

メリット

  • 必ず報酬が受け取れる
  • 何もわからないところから始められる
  • 執筆以外に時間を割く必要はない

デメリット

  • 自分のものにならない
  • 時給で支払ってもらえる案件は少ない
  • 納期がある
  • 基本テーマは依頼された内容で書く(書きたいことだけ書けば良い訳ではない)

まずは初心者歓迎案件から

全く初心者の方は、クラウドワークス、ランサーズなどのクラウドソーシングサイトで初心者歓迎案件を探すのがオススメです。

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングとは、個人から企業まで、仕事を依頼したい人と仕事を受けたい人をつないでくれるインターネットサイトです。

案件の内容も価格帯も様々。

主婦向けライター案件も豊富にあります。

クラウドワークス

主要なクラウドソーシングサービスのひとつ。誰でも簡単に仕事を依頼することも、受けることもできるサイトです。

プロクラウドワーカーというランク付け機能もあり、プロとして認定を受ければ、高単価で仕事の依頼連絡があることも!



シュフティ

シュフティは名前の通り、主婦向けの求人を扱っているクラウドソーシングサービスです。

アンケートに回答するだけの簡単なものも多いです。

ライター単価は少し低め。案件を選ぶ時には気をつけましょう。



ザグーワーク

こちらは上級者向けのサイトです。

高単価でライター案件の受注を受けることができますが、基本的な技術はすでに備わっていることが条件です。

プラチナライターテストには1時間ほどの時間が必要。

これが合格できば初心者からステップアップできている。という自分の中でのランク付けにも使えます。



WEBライターの仕事を受注する時の注意点

クラウドソーシングの仕事は様々な人が様々な条件で募集をしています。

フリーランスのお仕事なので、最低賃金という観念が通じないところがあります。見る目をもち、自分の貴重な時間を安く売りすぎないように気をつけましょう。

単価には基準を!安いものは受けない勇気を!

クラウドワークスの推奨単価は下記となっています。

全くの初心者の場合、推奨単価よりも低い案件で受けるしかないこともありますが、できるだけ推奨単価以上に設定してくれている案件を探しましょう。

未経験1記事2500文字、1250円が基準!

  • 未経験者歓迎 のライティング(例:体験談・口コミ)・・・ 0.5円以上
  • 知識・経験が必要なライティング(例:ダイエット・育児)・・・ 1.4円以上
  • 専門性・資格が必要なライティング(例:看護師・栄養士)・・・ 1.8円以上

興味のあるテーマ、知識のあるテーマを選びましょう

よく知らないことについて書くのはとても大変です。

下調べという作業はどの記事を書いても必要ではありますが、全く土台のないものを下調べすることと、ある程度知識のあるなかで下調べするのとではかかる時間も労力も異なります。

テーマ選びは慎重に行いましょう。

マーケティングを学ぶ

WEBライターの書いた記事は読んだお客様を満足させなければいけません。

そして、購入などの次の動作へ動かさなければなりません。

文字だけで人を動かすのは結構大変なことです。

すこしずつでもいいので、WEBマーケティングについて、勉強していくと、さらに良質な記事を書いていくことができると思います。

書くだけだからこそ奥が深い仕事

ライターと聞くと、書くだけ。ワードが使えれば大丈夫。

そんなイメージもあるかと思いますが、マーケティングの側面からみていくと、さらに面白い仕事でもあります。

子供の寝ている間に副収入を得て、WEBマーケティングの知識も得ることができれば、次、仕事を再開したいと思った時の強みにもなるでしょう。

ぜひ1記事受注するところから、WEBライターはじめてみませんか?

4 Comments

ゆりりん

ブログランキングから来ました。
私も、webライター始めたばかりです。
勉強になります。

Misa

コメントありがとうございます。
私はたまたま媒体にお世話になってノウハウを教えていただきましたが、
まったく自己流で始める方も多いと思います。
これから始めてみようという方へ少しでも有益な情報が届けば幸いです。

現在コメントは受け付けておりません。