2018年3月 G20で規制される可能性が高い!匿名通貨とは?

2018年3月にG20の開催が予定されており、

その場で仮想通貨について議論されるよう、フランス、ドイツが働きかけています。

MEMO
議題:仮想通貨の規制を各国それぞれで行うのではなく、みんなで共通して決定していきましょう
というもの。

私の予想する規制内容

G20各国は何を規制したいの?という疑問から、先日まとめ記事を書いてみたのですが、情報を整理すると、だいたい規制したい内容がわかってきました。

G20各国の仮想通貨規制について、まとめてみたよ

規制内容(予想)

口座開設時の身分確認の徹底

匿名通貨の禁止

ICOのハードルをあげる、もしくは禁止

国が懸念している事は、仮想通貨がマネーロンダリングの温床となることそして、ICOの中に存在する潜在的な詐欺に国民の資産が脅かされること。

この2点に集約されそうな気がしています。

この中で市場に大きく影響を与えそうな規制が

匿名通貨の禁止

匿名通貨を取引所で扱う事が禁止されれば、価格に大きく影響を与える事になるでしょう。

今回は匿名通貨について、調べてみたいと思います。

ビットコインの匿名性は?

マネーロンダリングの温床となることを懸念している。と聞くと、すべての仮想通貨が禁止になってしまうような気もしますが、それはないかと思います。

ビットコインの場合では、ブロックチェーン上の取引履歴はすべて時系列で公表されており、不特定多数の誰でもが閲覧できるようになっています。

そのため、不正なお金の出処は法定通貨よりもむしろ追いやすいと言えるかもしれません。

問題なのは、現状海外の取引所では口座の開設を匿名で行うことができる。というところです。

そこで、最初にあげた

口座開設時の身分確認の徹底

が重要となってきます。匿名通貨でなければ、この規制だけで済み、通貨自体を否定する必要はないと言えるでしょう。

匿名通貨とは?

匿名通貨とは、ブロックチェーン技術の一部不透明性を不透明にする技術を導入している通貨のことを指します。

取引データを時系列で追いかけることができないため、ウォレット間の移動を追いかけることが難しくなります。

どうやって匿名になるのか?

匿名性をどうやってもたせるのかは通貨によって違います。

Zcashはゼロ知識証明という方法を用いています。外部にはこの送金が正しい。という事実しか見えない。送金アドレス、送金量など取引情報は一切秘匿となります。

Dashはプライベートセンドという方法を使っています。一定の送金をまとめて一度プールに保管し、シャッフル。その後に送金することで送金アドレスの特定を難しくしています。

基本的には送金アドレスを秘匿にすることを目的とした技術を追加している通貨が匿名通貨となります。

なぜ匿名にするのか?

ビットコインの匿名性はプライバシーの問題から、改善する必要があるという声が以前からあったようです。

それをクリアした通貨が匿名通貨です。

今、匿名通貨を持っているのはリスクが高い


アメリカではすでに取引履歴の開示を求める法整備が すすんでおり、日本でも匿名通貨は要注意だとみられているようです。

コインチェックがみなし営業のままとなっていたのは、匿名通貨を取り扱っていたから。という意見も多いです。

まだG20でどのような決議がされるかはわかりませんが、世界が匿名通貨に不安を抱いていることは確か。

注意
通貨を保有している人は
規制による価格変動のリスクがある。
ということだけ知っておいていただきたいと思います。

2 Comments

つーちゃん

こんにちは。ブログランキングからきました。偶然このブログにいきあたったのですが、仮想通貨についていろいろ知識が得られると思いました。匿名通貨についても知らないことばかりでした。

Misa

こんにちは。コメントありがとうございます。
これからも読んでよかったと思っていただけるようにかんばります。

現在コメントは受け付けておりません。